common

上手な洗濯の仕方

上手な洗濯の仕方

”長持ちさせるため”の洗濯の仕方

裏返して洗う

洗濯中の洗濯機内では水や他の衣類と絡み合うことで痛む可能性があるので裏返して洗濯しましょう。
裏返すことで痛みを軽減できます。
特にプリント部分が多いものは裏返しで洗濯した方が色落ちしにくくなり、色合いなどが長持ちします。

洗濯ネットを使う

上手な洗濯の仕方

洗濯物同士の絡まりはシワなどの原因となるため、洗濯ネットに入れましょう。
洗濯ネットには他の衣類との摩擦を防ぐ効果があります。

水流の強さはやさしく

やさしく洗洗ってシワなどを防ぎましょう。
洗濯機の場合は「弱水流」や「手洗い」などのコースで洗濯すると負担が軽減されます。

乾燥機の使用は避ける

上手な洗濯の仕方

乾燥機は衣類に熱を加えるため、プリント部分が色あせたり、
ヒビができたりする可能性があるため乾燥機の使用は避けるようにしましょう。
どうしても乾燥機を使用する場合は、裏返しにしてかけるとダメージが軽減します。

”シワや色落ちを避ける”干し方

洗濯が終わったら早めに干す

洗濯が終わっても洗濯機の中で長時間放置するとシワやヨレ、色落ちの原因となります。
洗濯が終わったら早めに取り出して、シワを伸ばしながら干しましょう。

直射日光に当てずに陰干し

直射日光は色落ちの大きな原因となるので、干す時は風通しの良い日陰に干しましょう。

上手な洗濯の仕方

テキトーに干さない

上手な洗濯の仕方

ハンガーを使って干す時は無理やり首からハンガーを通したりするのはやめましょう。
きちんと裾側からハンガーを通して形の合うハンガーを使うこと。
また、ハンガーを使わない場合は胴体部分で半分に折って干すのも良いでしょう。

”消臭”について

ハイター(衣料用漂白剤)の選び方

漂白剤は衣類を漂白するだけでなく、衣類に付いたニオイの原因も洗い流してくれる効果もあります。
そもそも、ニオイの原因は皮脂汚れや汗が繁殖した雑菌のせいなのです。
衣類用漂白剤の代表的なものといえば「ハイター」がありますが、ハイターにもさまざまな種類があるので衣類や柄などの種類によって使い分けないと色落ちなどにもつながるので気をつけましょう。

・酸素系漂白剤(ワイドハイターなど):水洗いできる白物・色柄物(綿・麻・化学繊維・毛・絹)の両方に使えます。
・塩素系漂白剤(ハイター):水洗いできる白無地(綿・麻・ポリエステル・アクリル)だけに使えます。
・還元系漂白剤(ハイドロハイター):水洗いできる白物(木綿・麻・化学繊維・毛・絹)だけに使えます。

[デブ=汗=ニオイ]を防ぐには

太っているとたくさんの汗をかきやすくなりますよね。
汗をかくとニオイの原因となる"皮脂"や"汗"が衣類に付いてしまいそのまま放置していると臭くなってしまいます。

臭いデブなんて思われないようにするには洗濯した清潔な服を毎日着ることも大切です。
また、ハイターなどの漂白剤やいい香りがする柔軟剤などを使って洗濯をするといいニオイが包み込んでくれますし、周りにも"清潔感がある"や"いいニオイがする"など好印象を与えられます。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休業日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ